FC2ブログ











HMMジェノブレイカー レビューその3

全体像
細身にアレンジされたHMMに合わせるようにブレイカーユニットもコンパクトに
なつっていいます。フリーラウンジシールドも分厚くいかにも硬そうになってます。
はめ合いは良くなっています。(個体差かも)

画像+102_convert_20090301001401
荷電粒子砲発射状態
画像+036_convert_20090301135828
画像+037_convert_20090301135910


続きで詳細なレビューがあります。
*拡大できます。
画像+001_convert_20090301114447画像+003_convert_20090301114524
新しくレーザーチャージングブレードが装備されたことで頭のボリュームがUPされました。
ブレードはシャープに形成されています。
ちょっと疑問が・・・ センサーがブレードに変更されたら正面が見えないんじゃ・・・

画像+004_convert_20090301114824画像+005_convert_20090301114931
口はここまで広げられます。歯がシャープなので気を付けたほうがいいかも
*バレルは差し替えで伸縮を再現出来るようにしました。

画像+007_convert_20090301115010画像+008_convert_20090301115126
画像+009_convert_20090301115222
可動とブレード展開
首の付け根がボールジョイントになっています。可動域は写真の感じです。
まあそこそこ動きます。

画像+013_convert_20090301123328画像+014_convert_20090301123351
腕は少し前のHGUCぐらいの可動域です。付け根がボールジョイントで肩が
前後に動きます。爪はすべてシャープに形成されていて独立可動になっています。
爪は折れやすく殺傷能力があります

画像+015_convert_20090301124609画像+016_convert_20090301124735
画像+017_convert_20090301124802
尻尾は節1つ1つに上下左右に少し動くので全部動かすと写真の位動かせます。
全部パネルが展開できます。尻尾の出来は◎

画像+018_convert_20090301130453画像+020_convert_20090301130542
画像+019_convert_20090301130635
保持アームはシールドが重いのでそれを支えられるように太くしかっりとした
作りになっています。写真のように大きく動かすことが出来ます。

画像+027_convert_20090301131025画像+022_convert_20090301130742
画像+029_convert_20090301131124
シールドは表も裏もディテールがビッチリと入っています。

画像+023_convert_20090301130813画像+024_convert_20090301130900
前後に移動させられます。

画像+025_convert_20090301130926画像+026_convert_20090301130957
かなり形状が変わっています。この形の方が挟みやすい感じがします。
合わせると突き刺せるようになっています。当然ですがシャープになっています。

画像+028_convert_20090301131054画像+021_convert_20090301130702
画像+030_convert_20090301131150
ウイングスラスターがトミー版より小さくなっています。コンバーターの後ろ側が
凄いことに・・・ 写真のようにモナカ割です。

画像+031_convert_20090301134010画像+032_convert_20090301134034
細長くハイディテールが施されています。本体とはアームを介して
接続されています。

画像+033_convert_20090301134102画像+034_convert_20090301134129
画像+035_convert_20090301134156
展開状態 ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34937564.blog82.fc2.com/tb.php/39-add3271a