FC2ブログ











MGユニコーン改修内容

約1カ月ぶりの更新です。
未だにユニコーンの塗装が終わっていない状態です。
ですが、一区切りできる程度は終わったので更新しました。
武器地獄でさすがに嫌になってきたので休みたかっただけですけどね・・・

今日はユニコーンの改修内容を書こうと思います。

RIMG1252_convert_20140901224955.jpg

塗装前の画像がほぼないため、特大画像と下記の文で改修箇所を確認してください。

頭部
・トサカに1mmプラ板を貼り頭頂部のライン変更
・パテを使いフェイスの大型化とアゴを一度切り離し、ランナータグを挟んで再接着し延長
・ポリキャップを仕込み首との接続をポリキャップへ変更、その際頭部を前に出すように調整、


・首を頭に仕込んだポリキャップに合うボールジョイントへ変更
・腕との接続軸を約2mm外側にオフセットし、ギリギリまで上にもオフセット
・NT-D時の肩のグラつき対策に軸下部に金属ワッシャーを釘で固定してグラつき防止
・腹部延長スライド機構基部にフルアーアー時ののけぞり防止用にストッパー追加
・・腹部のグレーの箇所の内部フレームを3mm延長、それに合わせ外装も延長
・ロックパーツは現物合わせで延長(サイコフレームが見える量を増やすため)
・ランドセルは位置を上方へオフセット、サーベルの開き角度を増やすために基部の角度を変更
・サーベル開き角度変更人もない、NT-D時バーニア展開させたときの外装干渉部を切り欠き
・足の長さのバランスを調整するために股関節はスライド機構に変更(ユニコーンモードでは下方、
NT-Dモードでは上方へ移動)
・太ももをボリュームアップしたのでサイドアーマーの接続ボールジョイントを外側にオフセット
・サイドアーマーのダクトはくり抜き、ディテール追加


・両モードのバランスを考え、肩アーマーは大型化せず展開時の規制用ストッパーを削り、開き量を調整
・肩関節の体との接続位置が外側過ぎなので約2.5mm短縮
・上腕で1mm延長
・下腕で2mm延長
・下椀の延長でキットの手首の取り付け機構が使えなくなったのでポリキャップを仕込み、接続方法の変更
・手を極めて(角型)へ変更 (武器の持ち手はキット付属物を使用)


・太ももの伸縮機構で延長時の伸び幅フレームでを2mm規制し、短縮
・太もも外側側面外装にプラ板を貼りつけ1mmボリュームアップ
・膝関節周りを削り込み、太ももが前に倒れこみように変更(S字立ちできる様に)
・スネ側面の大小8個の小ダクトが再現されていないのでプラ材で作り直し
・スネの裾の外装内側のみ短くカットし、接地性の向上
・足首関節の上下仕切り板のをカットし接地性の向上
・つま先をプラ板で2mm延長、その際ラインが崩れないように上方へもプラ板を貼り調整
・スネ側面フレーム部にマグネットを仕込みハンドグレネードの接続方法の変更

上記の改修を施しています。
これらはG-trance様のユニコーンとほぼ同様の加工をしています。
僕の知っている中では雑誌作例含めNT-Dモードが一番カッコ良く、それでいて両モードにできる、最高のユニコーン
だと思うからです。
リンクを張っていますので、詳しい改修内容が知りたい方はぜひご覧ください。(名前出し、リンクはG-trance様に許可は取ってあります)
G-trance

後は変身させるので、各部のクリアランス確保、全身のやすりがけ(ヒケ、パーティングラインの処理)を行っています。
サイコフレームはヒケ等がひどいので、これもやすりがけを行った後バフ研磨で元の透明度に戻しています。
バーニアはハイキューパーツのSTDスラスターの8mmに変更しています。

武器などについてはまた今度書こうと思います。・・・たぶん ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34937564.blog82.fc2.com/tb.php/364-2cb11312