最終調整

お久しぶりです。
ブログの更新をサボっていた言い訳は下記の通りです。

最近はひたすらハゼガワ1/48F-15Jのスジ彫りを埋めては彫り直す日々を繰り返しております。
今のハセガワみたいにじっくりと機体をリサーチしてからの発売ではない時期に発売されたキットなので、
パネルラインの間違いが多く、そこに気づいたら修正せずにはいられない性…
まだお見せできる状態にはなっていないので、F-15Jはまた次の機会です。

今日は長らく放置していたダブルエックスについて書きます。

20130429_001.jpg

全身の形状は概ね満足いく形状になたのですが、何か違和感を感じていました。
いろいろな角度から眺めてみたり、写真を撮ってみたりして、僕なりの違和感の答えが出たので手を加えたのが
上の写真になります。具体的に何をしたのかというと、

・首の延長、それに伴い首関節の新造
・胴体の延長
・腰関節のタイミング調整
・リアアーマーの取り付け位置の上昇
・足首関節のタイミング調整
・手首をMGガンダムW(EW版)への変更

特に関節のタイミングを変更したことが違和感の解消に効きました。
今までは腰が引けたようになっていて、すねから足首にかけてのラインやパーツの位置が変だったのが直っただけ
でも良かったのですが、バラバラにしたので前から気になっていた胴体と首回りもついでにやっちゃえと言う感じ
で他はやっています。手首はケルディムより小さくて形状も良く、ある程度の表情付け(平手等)もできる(EW版)
の手首はとても重宝します。
パーツ単位では形状が良くても組み合わせると、なんか変だなと思う場合は取り付けを位置などを少しずらして
やるとよくなる場合が多いので、変に感じたときはお試しあれ。

20130429_002.jpg

最近発売された 「極上のガンダム」を作らねば!: How to build"Luxury RX-78 GUNDAM"
内容としては、モデルグラフィックス2008年 02月号の再録です。それなりの値段がするのでこの号をもっている
人は買う必要はないと思います。僕はこの号の雑誌を持っていますが、何度も読み返してボロボロだったので保存用
として購入しました。

いきなりダブルエックスとは関係なさそうな本に見えますが、これがなければこの様なダブルエックスは出来ませんでした。
作る手順、製作方法などはこの本を大変参考にしています。まさか最後に胴体の延長まで同じようにするとは思っ
てもいませんでしたけど…

ガンプラは普通に作れるようになったから少しステップアップしてみようかなという人には、同じく最近発売された
ガンダムウェポンズ モデリングマスターズ(これもホビージャパンの記事の再録)ちょうどよい内容になっていると思うのでよかったら手に取ってみてください。
※注意として
一度本誌で記事を見たことがある人にとっては価格分の価値はないと思われる内容です。



ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ


ご無沙汰してます。
さすがに拘りのDXを作るとなるとコツコツやっても完成しないはずですね。
完成楽しみにしてます。
ガンダム本、僕も買いましたよ。今の僕にはレベル高い本です・・。
[ 2013/04/29 22:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ガンプラ好きなお父さん さん

放置しなければとっくに完成していたんですけどね…
放送時からちょうど15年前の亡霊として

ガンダム本買ったんですね。
レベルが高いように見えて実際にやると、箱組からの形状出し等は
意外と簡単ですよ。
[ 2013/05/06 19:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34937564.blog82.fc2.com/tb.php/359-71785459