FC2ブログ











あふぅランカーをつくる 準備編②

201120616_100.jpg

第2回となる今回は準備編その2として塗装関係の道具の紹介です。
あふぅランカー製作で僕が使用しているもので、全て必ず揃えないといけないわけでわないですが、あれば役立つものです。
準備編に登場していないものも使用していますが、それはその都度紹介していきます。

201120616_007.jpg

エアブラシ等
エアブラシ×4(クレオス製、口径0.3×2、0.2、0.5)
コンプレッサー(WAVE コンプレッサー317タンク付き)
レギュレーター×2(WAVE エアレギュレーターHG)
分配器(アネスト岩田 3連バルブジョイント(縦型)HPA-VJ3)
エアブラシハンガー(WAVE エアーブラシハンガーHG)

僕の使っているレギュレーターは圧力の調整に使う他にも水抜きやホコリ取りもしてくれます。これからレギュレータを買う人は水抜き機能があるのを買うのをお薦めします。
理由はしっかり書くと長くなるので雑に書くと、コンプレッサーを使うと水が出るからです。塗料と水が一緒に出ると、ひどいことになります。水抜き機能はそのリスクを少なくしてくれます。
ちなみに2つ付ける意味はないです。僕が2つ使付けているのは、1つがレギュレーターがコンプレッサーに備え付けで、現在足元に置いているので操作性が非常に悪く、手元付近に
レギュレーターが来るようにもう1つ買いました。
分配器はエアブラシを1本以上持っているならあると便利です。いちいち交換しなくて済むからです。

エアブラシはこんなになくてもよいです。
これから買う人は口径が0.3のダブルアクション1つがあれば事足ります。ちーぐるは口径0.3だけで他の口径は使用していません。
僕がこんなに持っているのは色を塗った後の洗浄がめんどくさくて、その洗浄をなるべくしなくするためにしていったらどんどん増えていきました。
用途としては
0.3の1つが暗い色、サフ、メタリック、もう一つが明るい色、クリアー、プライマー
0.2はサフ、メタリック以外の細かい塗り分け
0.5は広い面のクリアー、たまに広い面のサフ

メーカーはなるべく揃えていたほうがよいです。使い勝手が似ているので、エアブラシを持ち替えたときの違和感が少なくなります。

これら以外にも細かい塗り分けの用に筆も使用しています。
筆については奥が深く、僕もまだよくわかっていないので簡単に。
筆は高いのから安いのまであり、使い心地も柄の形状、太さ、毛の素材、毛先の形状で違うので用途、自分に合ったものを使用してください。
筆は消耗品と考えて、ダメになったら買い替えるので安くてそこそこなのしか使っていません。高いのは使ったことがないので何とも言えないです。
僕はタミヤモデリングブラシHF・スタンダードセットを使用しています。他に秘密兵器も使っていますが、それは後々紹介します。

下にはお薦めのものを書きます。

201120616_009.jpg

上でも書きましたが、最初の1本として薦めるのは口径が0.3のダブルアクションです。
口径が0.3がいいのは、ある程度の細吹きからある程度の広い面積まで幅広くこなせるちょうどよい口径だからです。ダブルアクションが良いのは、空気だけを出して
ホコリを飛ばすために使ったり、吹いている途中でタッチを変えられたりして表現の幅が広くなるからです。、
吸い上げ式の安いものが悪いとは言いませんが、模型を作り続けるなら高くても性能のよいものを買いましょう。大きなメーカーのエアブラシなら外れはほぼないです。
他メーカーの0.3を使ったことがないのですが、個人的に薦めるのはクレオスのプロコンBOY WA プラチナVer2です。
口径が0.3のダブルアクションで使いやすく、下のツマミを回すことで風量の調整ができたり、エアアップ機構など+αがあるからです。

201120616_008.jpg

これから2本目の購入を考えている方は口径の小さいものをお薦めします。
この画像はプロコンBOY FWA プラチナ(口径0.2)ですが、現在はさらに上の商品が各社から発売されています。
小さい口径を薦めるのは、0.3で細吹きした後に0.2で細吹きするとエアブラシが巧くなったんじゃないかと思うくらい細吹きが楽に感じます。
汎用性は少なくなりますが、グラデーションや細かい塗り分けでは力を発揮してくれます。

201120616_010.jpg

室内で塗装を行うには塗装ブースが必須になります。
塗装ブースは大気中に飛散した塗料のミストを吸い込んでくれて室内の大気をきれいにしてくれます。綺麗にしてくれるとはいっても完全にではなく、
ある程度で、臭いを消してくれるわけではないので、喚起の方もしっかりしないといけないです。
嫌な空気を外に排気してくれるものなので周りのことを考えた配置や時間帯に使うようにしてください。
各社から発売されているので買ってもよいですが、換気扇などを買ってきて自作することもできます。自作したほうが安上がりで高性能な場合もあります。
僕も前は自作したものを使っていたのですが、現在は都合上市販品にしました。

201120616_011.jpg

エアブラシで塗装をすると塗料のミストが飛散するのでマスクが必須になります。
ミストは決して体に良いものではなく、しかも目に見えないので知らないうちに吸い込んでそれが続くと、健康を害すると思うので必ずマスクをしたほうが良いです。
マスクもこういったタイプのほうが吸い込むリスクが格段に少なくなると思うので簡単なマスクよりは良いと思います。

これで準備編は終わりです。次回からいよいよ製作編になります。

下には前回と同じくリンクを貼っておきます。


ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ


エアブラシ4本もお持ちとは恐れ入りました^^;;
Solaも近日中にもう一度使用しているツール類書いてみようかなと思います^^
でもやはり0.3mmは使いやすいですね^^プラチナのような高価なものは買えませんでしたが・・・(;・∀・)
[ 2012/06/23 20:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Solarisさん

一年に一本なので財布の負担はそこまででもなかったりします。
0.3は使いやすくていいです。基本は0.3です。
なんでもある程度できてよいのですが、ある程度なので器用貧乏なんですよね・・・
[ 2012/07/01 20:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34937564.blog82.fc2.com/tb.php/348-9d190f02


まとめtyaiました【あふぅランカーをつくる 準備編②】

第2回となる今回は準備編その2として塗装関係の道具の紹介です。あふぅランカー製作で僕が使用しているもので、全て必ず揃えないといけないわけでわないですが、あれば役
[2012/06/24 01:29] URL まとめwoネタ速neo