FC2ブログ











脚を作り直したら

今回は、どこをいじったかを紹介します。

画像+071_convert_20100115230650

足は、ダクトノズルを点付けしてから画像のように線を描きます。この線の中を
ナイフなどで削っていきます。

画像+088_convert_20100115230853画像+089_convert_20100115230906

これが削った画像です。組み合わせるとこのようになります。DXは足の先に
ダクトがあるので、記号として残しています。形状は全く違いますが、記号が
あることでDXの足に見えるようになりました。他にも各部を削り込んで、細
長いシルエットになるようにしました。

画像+092_convert_20100115230947

ひざは、パテを盛ってきれいに成型し直しました。あと、画像のように切りか
きを入れています。

画像+072_convert_20100115230658

脚のラジエータカバーは、いろいろと微妙なのでいろいろ作り直しました。

画像+074_convert_20100115230711

まずは、良く分からないディテールを削り落しました。この時に角度を変えるために
結構削ったのでプラ板で蓋をしました。

画像+075_convert_20100115230726画像+076_convert_20100115230754

削り落したディテールはジャンクパーツを使い、このようにしました。ラジエータカバー
は、左右で対称ではないので両脚ぶんを作ったら、黄色い部分は複製して数をそろえるつもりです。

画像+079_convert_20100115230808

側面はプレートが見えすぎるので、プラ板で少しだけ見えるように蓋をしました。最後に、
ダクトのような微妙なディテールがあったので、そこも削り落して市販パーツとエポパテ
により、このように作り直しました。

画像+086_convert_20100115230826画像+087_convert_20100115230840

パテを成形したものがこれです。この、ダクトっぽいものも複製して左右をそろえるつもりです。

画像+090_convert_20100115230919画像+091_convert_20100115230933

太ももはケルディムのものをプラ板と粉パテを使い、形状変更したものに変更しました。
分割ラインは、ケルディムのままではモナカ割りだったので、ガイドを作り、ガイドに沿っ
て慎重に切り分けたものをもう片方に貼り付けました。その結果、画像のような分割ライン
になりました。斜めの部分には少し隙間が出来るように、削り込みました。後ろ側は、合わ
せた時に少しだけ低くしています。

画像+093_convert_20100115231002

脚の全体はこんな感じになりました。これが体に組み合わさると、前回のようになります。
全体を眺めると、肩が少し変に感じたので肩も作り直しました。それは、また次の時にします。

ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://34937564.blog82.fc2.com/tb.php/237-4fa2f4e9