FC2ブログ











MG Hi-ν+HWS製作しています。

1ヵ月近く放置してましたが、しっかりと製作しておりますよ。
最近はサクッとできるTwitterで随時製作途中の状態をつぶやいています。

Twitterではとっくに紹介していますが、今回はMG Hi-ν+HWSについて書こうと思います。
MG Hi-ν+HWSは僕の知っている方からの製作依頼で製作しています。

DSC_0358.jpg



基本的には旧Hi-ν(がっしりした体形のもの)が依頼者が好みなので、Ver,Kaはまさに
理想のHi-νとなっているので、体型を劇的に変えることはしていません。といっても、首と胴が
短かく、HWS装備時のバランスも加味して首を1mm、胴体を1mm延長しております。
ディテールに関しては、ド派手に入れるのは個人的に好きでないのと、依頼者のHi-νのイメージから
離れてしまうのでクドくならず、間延び感が無くなる程度に追加しました。
スジ彫りは装甲の淵などさりげない所に主に入れています。また、入れるところは集中的に入れて、
入れないところは入れないようにして、ディテールの祖密を作っています。

DSC_0387.jpg

自分の手を離れるということで、関節は強化してメンテナンスフリーにしています。
股関節はABSの軸に変更し、肩関節はハイ・メガ・シールドを持たせても傾かないように肩関節の付け根に
スペーサーをついてして傾かないようにして、腰のボールジョイントをイエサブの関節技に変更、受けを
ポリキャップからABSパイプに変更し、引き出し式関節にしました。

DSC_0374.jpg

引き出し式関節は必要な時に引き出して自由度を上げ、そうでないときはしっかりと差しこむことで十分な強度を
得られるので、背負いものが重い機体にはとても有効なので、お試しください。

DSC_0385.jpgDSC_0375.jpg
DSC_0402.jpgDSC_0444.jpg
DSC_0453.jpg

これらはTwitterでもつぶやいているものです。
頭部にνのバルカン廃莢をイメージしたものを追加、肉抜きはプラ板で埋めたりしてついでにディテールを追加、
凹凸で塗り分けを行いディテールアップ、モデグラのドット迷彩がカッコよかったのでドット迷彩を施しています。
ハイ・メガ・キャノンは奥行きがないので、飛行機のノズルを取り付け奥行きとディテールアップを行っています。

このような感じで製作しております。一応ゴールデンウィーク前に完成予定です。
次回は完成した記事を書けたらいいいなと思っています。

途中経過は、何度も言っていますが、Twitterでつぶやいているので気になる方はそちらをご覧ください。


スポンサーサイト



ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ