ユニコーンだけはだいたい撮影完了

半年近く前になってしまいますが、MGフルアーマーユニコーンの撮影を始めましたが、
なかなか、サイコフレームが虹色に写ってくれなくて思考錯誤していましたが、最近になってやっと
納得がいくものが撮れ始めました。

20150215001 (2)
※拡大できます
20150215001 (3)
※拡大できます

透明ホログラムは写真に写りにくいので、このようにネット上に写真を撮りアップするのには労力の割に合いませんが、
実物を目で見て光を当てるとやってよかったと思えるものなので、これから行おうと思う人は、現物か写真どちらを優先
するかを考えて行ってください。



思考錯誤の結果をMGに投稿してあるのでよかったら投票よろしくお願いします。 ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

MGフルアーマーユニコーン~撮影中~

20140923001.jpg


公開までこうしばらくお待ちください。
今更ながらtwitter始めたのでよかったらフォローお願いします。 ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

MGフルアーマーユニコーン~塗装編~

ジャベリン以外が終わりやっと終わりが見えてきました。
ベースジャバー?何も手をつけてませんけどね。まぁ少しづつやっていこうとは思いますけど・・・

今回は塗装について書こうと思います。

20140916005.jpg

ユニコーンは説明書の18Pに載っているカラーリングが好みで、これをベースにバランスの良い色見を目指し、各色を
調整しています。関節などメカ部は塗り分けを行い情報量を増やしています。

今回はある程度覚えているので、僕のユニコーンのカラーが気に入ってくれた方はカラーレシピを載せますので、
利用してください。
カラーレシピ(正確ではないので参考程度に)
C=クレオス G=ガイア F=フィニッシャーズ 
白 Fファンデーションホワイト→ AGパール
黄色 G黄橙色+Cオレンジ+Gホワイト
青 Fブラバムブルー+Fピュアレッド+Fファンデーションホワイト
腹部グレー、足裏 Gメカサフライト
関節 Gメカサフライト+Cオレンジ+Gホワイト
関節はさらにアイアン、ホワイトを使い塗り分け
バーニア Fライトガンメタル
バーニア2 Cアイアン

関節はメカサフを使い、動かしても塗装がはげないように薄くしています。
仕上げは白はG艶消し+Fオートクリアー(大め)にAGパール少々
他はG艶消し+Fオートクリアー
サイコフレームはハセガワの透明ホログラムフィニッシュを貼りつけることで、クリアーパーツの素材をいかしつつ、
光の当たり方によっては虹色になる様に仕上げました。

ガンダム系の塗装して、完成後に何か色がおかしいと思ったことはある方にアドバイスを
色には干渉があり、自分の好きな色で塗っただけでは、よほどセンスがいい人以外はおかしくなります。
だからと言って説明書の色が正しいわけでも無かったりします。
雑に言うとガンダムカラーは、コバルトブルー、オレンジ、ピンク、グレーよりの白で塗ってやれば間違いはないです。
間違いはないというのはグラフィックデザイン的にガンダムの色をバランス良くした結果が上記の色だからです。
関節色についても
MSの関節色はグフ等の青がメインカラーのもの以外は赤寄りのウォームグレーが合います。
しっかりとしたことを知りたい人はモデルグラフィックス2011年4月号を見てください。




武器についてはメカサフ(ライト、ヘビー)を基本とした調色して、塗膜を薄くしています。
ビームマグナム Gメカサフライト+Fブラバムブルー+Gホワイト+Gブラック
ビームマグナム2 Gメカサフライト+昔いろいろ混ぜて作ったグレー
カートリッジ Gメカサフヘビー++Fブラバムブルー+Gホワイ+Gブラック
ビームガトリング Gメカサフヘビー
バズーカ、グレネード、ミサイルポッド Gメカサフヘビー++Fブラバムブルー+Gブラック
ハンドグレネード Gサーフェイサーエヴォ(グレー)
シールド Fファンデーションホワイト→ AGパール
ブースター Fファンデーションホワイト
接続パーツ ビームマグナム2の色を使用

武装は上記の基本塗装が終わったら、シールド裏は凹部をメカサフ、他の武装はアイアン、シルバーを凹凸に
合わせて塗り分けています。
パーツ単位ではなく、パーツの凹凸で塗り分けるのがコツです。
仕上げはG艶消し+Fオートクリアー

仕上げの前にデカール、墨入れを行っています。

次回は完成の記事ができればと思います。
ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

MGフルアーマーユニコーン改修内容~武装編~

少し時間ができたので前回の予告通り、今日は武装について書こうと思います。
余り書くことはないですが・・・

20140908001.jpg


基本的にはディテールは一切加えていない(数が多すぎてやりたくない)ので、合わせ目消し、
面出し、後ハメ加工を行ったのみです。

それ以外でやったことと言えば、
・ビーム・ガトリングのセンサー部を削り、WAVEのH.アイズに変更、反対側の肉抜きを埋め、突起部を師範パーツへ
 変更
・脚用ハンドグレネード接続パーツにマグネットを仕込み、エポパテでユニコーンの側面外装にフィットするように変更
・バズーカマガジン、グレネード・ランチャー、3連ミサイルランチャー、ハンドグレネードの、バズーカ本体への接続用に
 マグネットを追加
・バズーカの伸縮機構を軸とポリキャップへ変更
バズーカの伸縮機構のみ1枚だけ写真を撮ったので下に載せます。

20140703193258.jpg

これでへたることなくフリーストップさせることができます。

後は武装ではないですが、EP7で見せたファンネルシールドのY字状態を再現するためのスタンドを用意しました。

次回は塗装について書ければと思います。・・・たぶん ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

MGユニコーン改修内容

約1カ月ぶりの更新です。
未だにユニコーンの塗装が終わっていない状態です。
ですが、一区切りできる程度は終わったので更新しました。
武器地獄でさすがに嫌になってきたので休みたかっただけですけどね・・・

今日はユニコーンの改修内容を書こうと思います。

RIMG1252_convert_20140901224955.jpg

塗装前の画像がほぼないため、特大画像と下記の文で改修箇所を確認してください。

頭部
・トサカに1mmプラ板を貼り頭頂部のライン変更
・パテを使いフェイスの大型化とアゴを一度切り離し、ランナータグを挟んで再接着し延長
・ポリキャップを仕込み首との接続をポリキャップへ変更、その際頭部を前に出すように調整、


・首を頭に仕込んだポリキャップに合うボールジョイントへ変更
・腕との接続軸を約2mm外側にオフセットし、ギリギリまで上にもオフセット
・NT-D時の肩のグラつき対策に軸下部に金属ワッシャーを釘で固定してグラつき防止
・腹部延長スライド機構基部にフルアーアー時ののけぞり防止用にストッパー追加
・・腹部のグレーの箇所の内部フレームを3mm延長、それに合わせ外装も延長
・ロックパーツは現物合わせで延長(サイコフレームが見える量を増やすため)
・ランドセルは位置を上方へオフセット、サーベルの開き角度を増やすために基部の角度を変更
・サーベル開き角度変更人もない、NT-D時バーニア展開させたときの外装干渉部を切り欠き
・足の長さのバランスを調整するために股関節はスライド機構に変更(ユニコーンモードでは下方、
NT-Dモードでは上方へ移動)
・太ももをボリュームアップしたのでサイドアーマーの接続ボールジョイントを外側にオフセット
・サイドアーマーのダクトはくり抜き、ディテール追加


・両モードのバランスを考え、肩アーマーは大型化せず展開時の規制用ストッパーを削り、開き量を調整
・肩関節の体との接続位置が外側過ぎなので約2.5mm短縮
・上腕で1mm延長
・下腕で2mm延長
・下椀の延長でキットの手首の取り付け機構が使えなくなったのでポリキャップを仕込み、接続方法の変更
・手を極めて(角型)へ変更 (武器の持ち手はキット付属物を使用)


・太ももの伸縮機構で延長時の伸び幅フレームでを2mm規制し、短縮
・太もも外側側面外装にプラ板を貼りつけ1mmボリュームアップ
・膝関節周りを削り込み、太ももが前に倒れこみように変更(S字立ちできる様に)
・スネ側面の大小8個の小ダクトが再現されていないのでプラ材で作り直し
・スネの裾の外装内側のみ短くカットし、接地性の向上
・足首関節の上下仕切り板のをカットし接地性の向上
・つま先をプラ板で2mm延長、その際ラインが崩れないように上方へもプラ板を貼り調整
・スネ側面フレーム部にマグネットを仕込みハンドグレネードの接続方法の変更

上記の改修を施しています。
これらはG-trance様のユニコーンとほぼ同様の加工をしています。
僕の知っている中では雑誌作例含めNT-Dモードが一番カッコ良く、それでいて両モードにできる、最高のユニコーン
だと思うからです。
リンクを張っていますので、詳しい改修内容が知りたい方はぜひご覧ください。(名前出し、リンクはG-trance様に許可は取ってあります)
G-trance

後は変身させるので、各部のクリアランス確保、全身のやすりがけ(ヒケ、パーティングラインの処理)を行っています。
サイコフレームはヒケ等がひどいので、これもやすりがけを行った後バフ研磨で元の透明度に戻しています。
バーニアはハイキューパーツのSTDスラスターの8mmに変更しています。

武器などについてはまた今度書こうと思います。・・・たぶん ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ