新年からいきなり

新年あけましておめでとうございます!
今年もこのブログに来てくれてありがとうございます。

挨拶はこれくらいで、まずは、今年の1年を通しての目標です。
今年の目標は「丁寧に仕上げる」です。
やはり重要なのは工作<<塗装なので、塗装を丁寧にして仕上げればそれだけで
完成後の見栄えがすごく良くなるからです。

ここからは普通の記事です。
ぼったくりマニピュレータの複製をしたのでそのことについて書きます。
複製に使用したのは、シリコーンゴムとレジンキャストです。
画像+009_convert_20091230230153

__
:::::|::::|
:::::|::::|     /
:::::|::::|   /
:::::|::::|  /    r――‐┐l⌒l ┌‐┐ 、_{、_(_
:::::|::::|二二二二l二二二二二ニニニ===/´ : : : :`ヽ、
:::::|::::|        i        '⌒>/:ヘ/1: :トヽ:ヽ ヽ
:::::|::::| ――――‐ |        . '´ /: ∧/ |ィソ  l: :} : } ふーんそれでそれで?
:::::|::::|        ) _. -‐/    {/: {:/○  ○レリ} ;ハ
:::::|::::|       /"  /    ∧: :ヽ" ヮ "/:_;ハノ
:::::|::::|  \..:::::''´             ,:′ ヾ'⌒ヾ⌒¨⌒})  ヽ
:::::|::::|   \            /ー-丶、    ,. < __,ノ
:::::|::::|` ー―\―――一 ''´      ` ̄ ´

これから先は続きを読むになります。
ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

[ 2010/01/01 21:01 ] ツール・塗料について | TB(0) | CM(0)

年末年始

まず、年末年始に役に立つ?情報とツールを紹介

画像+007_convert_20091230230032

これはエアブラシを洗浄したシンナーを溜めたものです。シンナーはエアブラシ用に
塗料を希釈するより、洗浄の方が遥かに使用します。これはあまりにももったいない
です。
そこでこのシンナーを再利用できないかといろいろやった人がいて、その方法をネット
で紹介している人がいます。僕は、それを見てからシンナーを再利用しています。
最近気付いたんですが、MGにもその方法が紹介されていました。

再利用する方法は、ホームセンターなどに売っている木材の目止め剤「との粉」を使う
ことです。適量入れてよく混ぜますと、との粉が薄め液内の顔料を吸って沈殿を始めます。

画像+008_convert_20091230230102

沈殿は攪拌後すぐに始まりますが、一晩置くとこのようにきれいに分離します。
さらに数日置くと、沈殿したとの粉がドロリとした緩い粘土状になるので、液の
抽出が楽になります。後は、コーヒーフィルターなどのろ紙でろ過します。
代わりにティッシュを使ってもそこそこいけるらしいです。(試してないので不明)

使用するとの粉の分量は溶剤の汚れ具合によって変わりますが、1/6(先人の知恵)くらいで
試してみて、沈殿後に透明度が足りなければさらに小さじ一杯ほど足し、再度よく混ぜ合わせ
て様子を見ていけば良いかと思います。それでも落ちなかったら、一度違う容器に移して、もう
何回か同じことをすればきれいになります。

最後に瓶の底に残ったとの粉は、数日間乾かしておくと固まって簡単に取れるようになります。
それを新聞紙やティッシュペーパーに包んで可燃ゴミとして廃棄してもいいですし、砕いてジ
オラマ用の瓦礫や土の素材として使用しても良いらしいです。
僕はジオラマ用にとっておいています。ちなみに、シンナーの匂いがついているのでとても
臭いです。洗浄には模型用ではない普通のシンナー(エアブラシのパッキンなどには悪そうで
すが)使っているから臭いのかな
再生シンナーは希釈には使わず、洗浄に使ってください。成分が変わっている可能性もありま
すが、洗浄のみなら安パイです。もちろん、最後は新しいシンナーで洗浄してください。

僕がこの方法を知ったのは 模型の花道 というサイトです。ここで勝手に紹介してますが、
個人的にはMGの記事の原文だと(MGの記事を読むと模型の花道のことを自分がやったように書き
直している感じがします)と思うので、良かったら検索してみてください。
ここまでに書いた多くの文は、模型の花道を引用しています。

画像+009_convert_20091230230153

この冬は複製にチャレンジします。キャスト複製は来年のオラザクの出品宣言した、MS
少女では不可欠の技術になるので、早めにトライして感じをつかんでおくために、まずは
ぼったくりマニピュレータで練習します。これを覚えれば、いろいろと便利ですし

画像+011_convert_20091230230204

これは大掃除で壊してしまったザンユニットです。
ここは意外と力の加わる部分なので、補強してもまた壊れそうなのでジンクスではなく、
オーライザーに変更したわけです。
秋葉原で、あと2つ確保してあるのでそれを使えばいいんですが、一応限定品なので、ここは
使わずに行ったほうがいいかなと思ったんですよね・・・ ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

[ 2009/12/30 23:42 ] ツール・塗料について | TB(0) | CM(0)

これからは定番になります

画像+093_convert_20091227204738

本当は昨日これを記事にするつもりでしたが、オラザク報告で1日ずらしました。
今月、クレオスより発売されたフラットベースなめらかスムースです。
店頭のチラシで見てから興味があったので早速セラヴィーで試してみました。

画像+095_convert_20091227212036

こんな感じになりました。
ブラシマスターでテキトーに希釈して(たぶん2~3倍)エアブラシで吹いています。
いつもつや消し仕上げではつや消しに少しクリアーを入れてやっているため、フラットベース
だけでは使っていないので比べることが出来ません。
ただなめらかな感じはします。つや消しに少しクリアーを入れたものに近い仕上がりになった
ので、僕の中ではこれからは定番になりそうです。いちいち混ぜて作らなくて済むのは助かります。
手触りもなめらかです。ですが、スケールモデルのつや消しとしては使いにくそうです。つや
消しを行っても表面が比較的なめらかなので汚しには向いてない気がします。
キャラクター用のつや消しとしてはいいと思うのでよかったら試してみてください。

セラヴィーは本体は完成しましたが、隠し腕がまだ出来てないので公開はもう少し先になります。
ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

[ 2009/12/27 21:36 ] ツール・塗料について | TB(0) | CM(2)

純色2

昨日の続きで、純色についてです。

純色はシアン、マゼンタ、イエローの3つが基本です。(ガイアからは
グリーン、パープルも出てますが)

基本的にはシアン、マゼンタ、イエローと無彩色(ホワイト、ブラック、グレー)
と使うことで全ての色を再現することが出来ます。
例 グリーン=シアン+イエローなど

ここで注意が必要なのは、シアン=ブルーと、マゼンタ=レッドではないことです。
シアンは色合いとしては青緑に近く、マゼンタは明るい赤紫色なので、
ブルーはシアンとマゼンタの混色、レッドはマゼンタとイエローの混色
で作らなければいけません。


次に色の明度と彩度についてです。

サムネだと見難いと思うのでクリックして拡大してください
色

おおざっぱに書くとこんな感じで純色は彩度が高いですが、
そのまま使うことはないと思うので無視してください。

明度は色の明るさのことで、ホワイトを加えることで、明度を
上げることが出来ます。逆に明度を下げたいときはブラックを
加えればいいです。
彩度とは色の鮮やかさのことで、混色する色の種類が増えると
下がっていきます。基本的には、彩度は下げることは出来ても
上げることはできないので注意してください。

純色は彩度が高いことで、そこから自分の好きな彩度に下げれ
る幅が大きいのがいいところです。

いろいろと端折って大ざっぱですが、上記のことを組み合わせる
ことで自分の好きな色を作れるので(理論上では)いろいろとやってみてください
この前紹介した本にも色に関することが書かれているので良かったら
読んでください

コトブキヤ原型部屋実践的フィギュア塗装講座―プロの現場の製作テクニック (DENGEKI HOBBY BOOKS)コトブキヤ原型部屋実践的フィギュア塗装講座―プロの現場の製作テクニック (DENGEKI HOBBY BOOKS)
(2009/10/29)
マザーF

商品詳細を見る

ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

[ 2009/12/09 00:03 ] ツール・塗料について | TB(0) | CM(0)

純色

今回のエクシアは純色を使ってみました。

画像+056_convert_20091208003504

シアンが写ってませんが3原色を買いました。
発売当初から気にはなってはいたものの、購入と
使用の機会がなかったんですが、今回は時間的余裕が
あったので使用してみました。

使用感としては、通常の塗料より扱いが難しいです。
自分の色についての知識がなかったからかもしれませんが…
ですが、混色しても濁りにくく、使いこなせれば最高の塗料に
なると思います。

少し勉強したことと、経験談としっかりとした使用法は明日(もう今日か)
書こうと思います。使用法はあくまで独自のものなので正しくない
かもしれませんが… ブログランキング参加中です! 1日1回クリックして頂けると励みになり、頑張れます!

にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ 人気ブログランキングへ

[ 2009/12/08 00:50 ] ツール・塗料について | TB(0) | CM(0)